バンクイック

【バンクイック】三菱UFJ銀行カードローン審査は厳しい?在籍確認まで徹底解説!

バンクイック審査は厳しい?在籍確認まで徹底解説
「三菱UFJ銀行カードローン バンクイック」は、銀行カードローンの中でも利用者が多いカードローンです。

銀行カードローンの貸付残高では、三井住友銀行カードローンに次いで、業界2位になっており、特にテレビCMは多くの方が見たことがあるのではないでしょうか?

そのため、銀行カードローンと言えば、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックか、三井住友銀行カードローンと答える人がほとんどです。

そんなバンクイックの審査基準についてと、在籍確認について徹底解説してみました。

また、バンクイックの最短借入までの流れもお伝えしています。

バンクイックの審査を受ける前に読んでおけば、審査を通過するための知識が身ににつき、スムーズに借入できるようになりますのでぜひ参考にしてください。

そしてバンクイックの審査に通って借入に成功しましょう。

バンクイックの審査基準は「属性」と「信用情報」

バンクイックの審査基準は非公開ですので、どのような基準で合否が決まっているかは正確にわかりません。

ただし、カードローンの審査は「属性」と「信用情報」をもと、申込者の返済能力と信用を判断し、合否を決めるのが基本です。

これは銀行でもクレジット会社でもカードローンでも根幹は同じなのです。

そのため、バンクイックの審査でも属性と信用情報が最重要になるのは間違いありません。

そこでこの章ではバンクイック審査における、属性と信用情報について解説していきます。

カードローンにおける属性とは?

カードローン審査における属性とは、申込者の個人情報を指します。

カードローンの申込時には年収や勤務先情報、他社借入、家族構成などの個人情報を申告することになります。

そうした個人情報は属性と呼ばれ、申込者の返済能力と信用を判断するための指標にされるのです。

どの属性が重視されるかはカードローン会社によって違い非公開ですのでわかりませんが、一般的には次の5つだとされています。

審査で重要視される属性

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 住宅ローンや賃貸の負担額

年収

年収はもちろん、高ければ高いほど属性は良くなります。

しかし、年収が高くても安定していない職業では属性はそこまで良くなりません。

具体的には自営業者や水商売、完全歩合性の会社でその月だけ給料が高かったなどの場合です。

会社役員や、医師、弁護士、大会社の管理職など、安定性もあって年収が高い人は、かなり属性が高くなります。

勤務先

勤務先の属性は、多くの人が良い会社だと思っている会社は、そのまま属性が良いでしょう。

大会社や一部上場企業、有名企業、公務員などが該当します。

バンクイックは、三菱UFJ銀行が貸付しているため、会社の情報はかなり詳しいはずです。

雇用形態

雇用形態とは、正社員、期間社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業者、日雇いのどれかになりますが、当然正社員が一番属性が良いです。

バンクイックでは、パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能となっていますが、審査は正社員に比べて不利になります。

特に自営業者や日雇いの場合、審査落ちになる可能性が高いでしょう。

勤続年数

勤続年数は、属性の中でも重要な項目です。

なぜなら、仮に大会社や一部上場企業だったとしても、勤続年数が1年程度なら、大きく属性は高くなりません。

最低でも3年以上の勤務が欲しいところです。

5年以上は良く、10年以上はかなり良くなります。

バンクイックでも、大会社や公務員などで10年以上勤務していると、審査に通る可能性が上がるでしょう。

住宅ローンや家賃の負担額

これは、一戸建てか分譲マンション、賃貸によって変わりますが、持ち家(一戸建てまたは分譲マンション)で本人名義の場合、属性は高いです。

本人名義ではなくとも、持ち家であれば、賃貸マンションやアパートに比べて属性がよくなります。

バンクイック審査では、もし三菱UFJ銀行から住宅ローン等を借りている場合、その返済状況等も審査に影響してくるでしょう。

信用情報について

信用情報とは、あなたがこれまで利用したクレジットカードやローンなどの記録になります。

カードローンの審査では信用情報の確認があり、おもに次のような点を確認されます。

  • クレジットカードやローンなどの返済期日を守っているか?
  • 過去に金融事故(異動・参考情報の登録)を起こしたことがないか?
  • 他社借入が多すぎないか?

上記のような点を確認し、融資しても問題ないかの判断をする指標にしているのです。

特に信用情報で最も大事になるのは、事故情報の有無です。

事故情報とは、異動情報、参考情報のことを差し、異動情報は主に3ヶ月以上の延滞が該当します。

参考情報は、債務整理や、特定調停、民事再生、自己破産などが該当します。

これらの事故情報(ブラック情報とも言います)が登録されていた場合、バンクイックは即審査落ちになります。

バンクイックの審査に通過するためのポイント

ここまで解説したように、バンクイックの審査は属性と信用情報から合否が決まる可能性が高いです。

それを踏まえますと、バンクイックの審査に通過するためのポイントは次のとおりです。

  • 安定した収入を得る
  • クレジットカードやローンの返済期日を守る
  • 他社借入が多すぎない
  • 多重申込しない

これらはバンクイックだけではなく、全てのカードローン審査に該当することですが、バンクイックでは消費者金融よりもこれらのことを厳し目で審査しています。

それでは詳細を次章より解説していきます。

安定した収入を得る

バンクイックのようなカードローンに限らず、融資商品の審査では「安定した収入があるか?」という点が重視されます。

安定した収入とは、毎月継続して得られる収入のことです。

借入したあとは返済していくことになり、それは長期になるケースも多いです。

安定した収入がない人ですと途中で延滞されたり、最悪の場合は返済不能になったりする可能性が高くなります。

このため、融資商品の審査では安定した収入が重視されるのです。

バンクイックも同じですので、毎月収入がないと審査に通るのは難しいと思っておきましょう。

クレジットカードやローンの返済期日を守る

クレジットカードやローンの返済期日を守らないと、「この人はお金に関して信用できない」と判断されてしまうため、返済期日は守らないといけません。

信用情報にはクレジットカードやローンの返済記録が一定期間残ります。

よって、返済期日を守っていない場合は信用情報を確認されたとき、それが発覚してしまい審査に不利になるのです。

他社借入が多すぎない

バンクイックの審査では次の他社借入の金額と件数を確認されます。

  • 銀行からの借入(住宅ローンを含む)
  • カード会社・信販会社からの借入(クレジットカードのショッピング枠は含まない)
  • 消費者金融系ローン会社からの借入

他社借入が多すぎると、「これ以上融資すると返済できなくなってしまうかも・・・」と警戒され、審査が不利になりやすいです。

そのため、他社借入はなるべく少なくした状態で申し込むのが得策です。

一応、銀行からの借入と書きましたが、銀行からの借入よりも、数倍消費者金融やクレジットカードキャッシングの方が審査に不利になります。

仮に銀行から住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどを借りていても、問題なく返済していれば、特に不利にはなりません。

住宅ローンに関しては、資産に見られる部分もあるので、正直そこまで気にする必要はないでしょう。

多重申込しない

多重申込すると「申し込みブラック」という状態になり、審査落ちの原因になるので避けてください。

カードローンに申し込みしたという記録は信用情報に6ヶ月残ります。

このため、多重申込したという事実は審査時にバンクイック側にわかってしまいます。

そうなると、「この人は相当お金に困っているのかも?」「何か大きな問題があって各社に断れているのでは?」などと警戒され、審査に不利となることがあるのです。

申込件数は3件以内に抑えるべきです。

もし3件以上同時に申込している場合は、一番最後に信用情報を照会した業者は不審に思い、審査落ちする可能性があります。

属性や信用情報以外で気をつけたいこと

先ほどまでのバンクイック審査のポイントは、属性や信用情報に関わる話しですが、それ以外でも審査に通過するための重要ポイントがあります。

それは次の2つです。

  • バンクイックの在籍確認に対応する
  • アコムで問題を起していない

この2点に関しては、最終的な審査判断箇所のため、問題がない人はほぼ審査に通るため、しっかりチェックしておきたいところです。

詳細は次章より解説していきます。

在籍確認に対応する

バンクイックの審査には「在籍確認」があります。

在籍確認とは、申込者が申告どおりの勤め先に所属しているかを確認する作業です。

バンクイックの在籍確認は電話でされますので、申込時に申告した勤め先に電話があります。

その電話に対応できないと審査が完了しませんので、きちんと対応しなくてはいけません。

なお、電話は「三菱UFJ銀行」と名乗るのが基本で、カードローン名なども申込者以外には明かしませんので安心してください。

在籍確認を対応するというのは、会社に電話があった時に、自分が電話に出るか、または他の人が出て、会社に勤務している対応を取ってもらえばそれで終了です。

具体的には、下記の通りです。

バンクイック担当者「○○と申しますが、○○さん(申込者の苗字)お願いします」会社の人「申し訳ありません。○○は只今外出しており、戻りは18時の予定です」

バンクイック担当者「承知しました。また改めて連絡いたします」

上記の対応は、会社に勤務していることがわかるため、在籍確認はOKになります。

しかし、次のような対応だと在籍確認がとれないため、会社に勤務している証明として、給料明細・社会(組合)保険証、社員証などの書面提出が求められます。

バンクイック担当者「○○と申しますが、○○さん(申込者の苗字)お願いします」会社の人「どちらの部署の者でしょうか?○○という者はここにはいません」

上記は勤務しているとはわからないものの、退職している確証もありません。

そのため、書面提出になりますが、下記の様に退職していることが在籍確認で判明した場合は、バンクイック審査は即、審査落ちになります。

バンクイック担当者「○○と申しますが、○○さん(申込者の苗字)お願いします」会社の人「○○は以前いましたが、今はおりません」

または、

バンクイック担当者「○○と申しますが、○○さん(申込者の苗字)お願いします」

会社の人「○○は3月末付けで退職しております」

この場合は、確実に今現在勤務していないことがわかり、よほどの事がない限り、申込者の虚偽申告と判定され審査落ちになります。

アコムで問題を起していない

大手消費者金融のアコムを利用した経験がある人は、アコムで問題を起していないことも重要です。

バンクイックの保証会社は「アコム(株)」だからです。

保証会社とは保証人のような役割を持ち、バンクイックの利用者が返済不能になった場合に、その借金を立替える契約をしています。(これを「保証業務」と呼びます)

保証会社も無条件で保証業務をするわけではないため、審査があります、

そしてバンクイックのような銀行カードローンの場合、保証会社の審査に通過しなければ、銀行の審査までたどり着けず審査落ちになるため、「保証会社の審査=カードローンの審査」になるのです。

よって、バンクイックの審査はアコムが中心にします。

過去にアコムで問題を起していると、それが影響して審査に通らないケースもあるので注意が必要なのです。

具体的には下記のような事案です。

アコムで問題の例

  • アコムで借りていて過去1ヶ月以上延滞したことがある
  • アコムと返済等の電話で揉めたことがある
  • アコムの返済を身内が電話して一括で肩代わりしてもらった過去がある

貸金業法では、顧客との交渉記録を過去10年間保存する義務があります(貸金業法第16条7項)。

このためアコムでは、日付、時間、交渉した人間、交渉内容を記録として保存しているのです。

もし、アコムで問題を起こしている場合、過去の記録から保証審査に落ちる可能性があります。

バンクイックで最短借入するための手続方法

ここからは、バンクイックで最短借入するための手続方法をお伝えしていきます。

バンクイックで最短借入するには次のように「WEBから申し込み→テレビ窓口でカード発行」という流れが一番です。

1.WEBから申し込み
2.書類提出・審査
3.審査回答・契約
4.テレビ窓口でカードの受取
5.ATMから借入

上記の流れであれば、「申し込み→審査→契約」はネット上で完結でき、来店しておこなうのはカード発行と借入だけで済みます。

そのため、スピーディーかつ手軽に借入まで完結可能です。

また、テレビ窓口でカード発行をすれば、自宅への郵送物なしで借りることができます。

内緒でバンクイックからお金を借りたい人は、WEBで申込後、テレビ窓口で契約するのがおすすめです。

必要書類を確認しておこう

バンクイックの審査では次の書類が必要です。

提出条件 有効な書類
本人確認書類 必須 以下のいずれか2点
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
収入証明 利用限度額50万円超を希望する場合 ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1、その2(個人事業者の方)
・確定申告書第1表、第2表

本人確認書類は必須で2点必要になります。

できるだけ顔写真付きの運転免許証もしくはパスポートを用意した方が良いでしょう。

収入証明は「利用限度額50万円超を希望する場合」に必要です。

逆に言えば、利用限度額50万円以下を希望する場合は、収入証明書は原則不要となっています。

なお、書類の提出方法は、「WEBアップロード」・「郵送」・「FAX」の3つがあります。

WEBアップロードが一番簡単に提出でき、バンクイック側が受理するのも早いためおすすめです。

テレビ窓口でカードを受取するには「運転免許証」が必要

テレビ窓口でカードを受取するには「運転免許証」が必要ですので、必ず持参してください。

これは詐欺申込防止のためです。財布を拾った人がWEB等から申込してくる場合があります。

テレビ窓口内にカメラがありますので、運転免許証と来店者の顔を必ずチェックしているのです。

ちなみに、テレビ窓口は三菱UFJ銀行内に設置してあります。

受付時間は次のとおりです。

曜日 受付時間
平日 9:00~20:00
土曜日・祝日 10:00~18:00
日曜日 10:00~17:00

バンクイック審査まとめ

バンクイックの審査基準は非公開ですが、「属性」と「信用情報」が重要なのは間違いありません。

よって、バンクイックの審査に通過するには次のようなポイントが大事です。

バンクイック審査の重要ポイント

  • 安定した収入を得る
  • クレジットカードやローンの返済期日を守る
  • 他社借入が多すぎない
  • 多重申込しない

また、「在籍確認に対応する」・「アコムで問題を起していない」の2つも忘れてはいけません。

こうした点に問題なければ、審査に通過するのはそこまで難しくないでしょう。

必要以上に恐れることはありませんので、思い切って審査に申し込みしてください。

-バンクイック

© 2021 【お金借りる】即日お金を借りたいならプロのおすすめで借りるべし