お金作る方法

お金がない人は必見!お金ない時ヤバい時に金額別の最適な金策を教えます!

お金がない人は必見!画像
「お金を作る方法を知りたい!」このようなとき、人によって作りたい金額がことなります。

人によっては1万円かもしれませんし、30万円が必要なのかもしれません。

そうしたことから、最適な金策というのは人によって違うため、「コレが一番!」と決め付けることはできません。

そこでこの記事では、金額別におすすめの金策を紹介していきます。

当記事を参考にして金額別に最適な金策を知り、目標額のお金を用意して使いたいことにお金を使ってください。

1万円~10万円程度のお金を作るのに最適な方法

1万円~10万円程度のお金を作るなら、次の方法が最適です。

10万円以下の金策方法

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 質入れ
  • 買取りショップ
  • オークションサイト&フリマアプリ
  • 自己アフェリエイト

これらの方法はあまり高額のお金を作るのには向いてはいないものの、1万円~10万円程度であれば、それほど労なく作ることが可能です。

それぞれの方法の詳細については以下より解説していきます。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠とは、クレジットカードに付属できるキャッシングサービスを指します。

キャッシングという名のとおり現金の借入ができ、限度額の範囲内で何度でも利用できます。

このキャッシング枠はすでに付属済みであれば、審査なしで借入が可能です。

これらから付属させる場合は審査がありますが、すでにカード自体の審査に通っているため、返済トラブルなどを起こしていない限り、審査に落ちる可能性は低いです。

質入れ

質入れとは、質屋に担保を預けてお金を借りる方法を指します。

質入れの場合、金融機関のような審査がないという大きなメリットがあります。

融資される金額は担保の価値(買取額)となり、借入した人が返済できなくなった場合は担保が質屋のものになるからです。

このため、担保さえ用意できる人なら、質屋は信用情報がブラックな人や、多重債務者などに融資しても損することはないのです。

担保にする品物を査定後すぐに融資という形になるため、確実に即日融資が受けられるという点も魅力的のひとつになります。

買取りショップ

買取りショップに不用品を持ち込めば、その場ですぐに現金を得ることが可能です。

必要なものは免許証などの身分証明書くらいですので、買取り手続は非常に簡単です。

また、お店によっては自宅まで出向いて買取りをしてくれるところもあります。

インターネットの買取りショップであれば、ダンボールなどの買取りキットを郵送してくれるところも存在します。

オークションサイト&フリマアプリ

ヤフオクやメルカリといった、オークションサイトやフリマアプリでも不用品を売ることが可能です。

オークションサイトやフリマアプリの場合、買取りショップよりも高値で売りやすいというメリットがあります。

また、基本的になんでも売れるため、買取りショップでは取扱ってくれない品物でもお金に換えることが可能です。

自己アフェリエイト

自己アフェリエイトとは、自分でアフィリエイト広告に申し込みをして報酬をもらう稼ぎ方です。

アフェリエイト広告を扱っている「ASP」には、自己アフィリエイトOKという案件があります。

通常のアフィリエイトでは自分で申し込みしても報酬になりませんが、自己アフィリエイトOKの案件であれば、自分で申し込みしても報酬が貰えるのです。

自己アフィリエイトを利用できるのは案件ごとに1回限りになりますが、アフィリエイトに知識やスキルがない人でも報酬を得ることが可能です。

10万円~50万円程度のお金を作るのに最適な方法

10万円~50万円程度のお金を作るなら、次の方法がおすすめです。

10万~50万円の金策方法

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • 年金担保融資
  • 生命保険の契約者貸付制度

上記の方法はまとまったお金を得られることが多いため、10万円~50万円程度がほしいときに最適です。

それでは、それぞれの詳細について確認していきましょう。

カードローン・キャッシング

カードローンとキャッシングは個人向けの無担保ローンです。

無担保で現金の借入ができ、限度額の範囲内で何度でも利用可能という特徴があります。

そんなカードローン・キャッシングの最大の利点は、融資まではスピーディーなことです。

消費者金融であれば最短即日融資が可能であり、銀行カードローンの場合でも最短翌日に融資が受けられます。

申込手続が非常に簡単であり、来店不要で融資まで完結できる場合が多いです。

審査のハードルもそれほど高くないため、アルバイトやパートの人でも借りやすいという点も魅力です。

フリーローン

フリーローンは使いみちが自由な「多目的ローン」です。

フリーローンもカードローンやキャッシングと同じく、現金が直接融資されます。

ただし、フリーローンの場合は限度額という概念がなく、希望額が全額1度に融資されます。

このため、カードローンやキャッシングのように追加借入はできません。

その分、フリーローンのほうが低金利である傾向が強いので、利息を抑えたい場合はフリーローンのほうがおすすめです。

年金担保融資

年金担保融資とは、受給中の年金を担保に「独立法人福祉医療機構」から借入する方法です。

そんな年金担保融資の貸付条件は次のとおりです。

金利 年2.8%
融資額 10万円~200万円(生活必需品の購入は10万円~80万円)

金利が年2.8%と非常に良心的であるため、利息を抑えやすくなっています。

融資額も10万円~200万円ですので、10万円~50万円程度のお金を借りるのに適しています。

年金時給者なら基本誰でも利用可能であり、年金しか収入がなくても問題なく審査に通る点も魅力です。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険の契約者貸付制度とは、「解約返戻金(カイヤクヘンレイキン)」の範囲内で保険会社から融資が受けられる制度です。

解約返戻金とは、保険を解約したときに戻ってくるお金のことです。

解約返戻金はおもに終身保険や養老保険、個人年金保険などの積み立て型の保険に存在します。

この解約返戻金の7~9割を上限に保険会社から融資してもらうのが、契約者貸付制度です。

契約者貸付制度には審査がないため、解約返戻金がある人ならどなたでも利用できます。

また、保険を解約する必要もありません。

返済は保険の満期までに完了すれば良いため、毎月返済する必要はなく、自分のペースで返済していける点もメリットです。

50万円以上のお金を作るのに最適な方法

50万円以上のお金を作るなら、「目的別ローン」がおすすめです。

目的別ローンとは、お金の使いみちが限定された次のようなローンを指します。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • プライダルローン
  • トラベルローン

たとえば、マイカーローンなら自動車の購入や車検代、車の修理代など、自動車関連の費用にしか使うことができません。

その分、目的別ローンは金利が低い傾向にあり、融資額も高額になる傾向にあります。

このため、50万円以上のお金を作るのに向いているのです。

とくに金利が低いのは大きなメリットです。

借入額が高額になるほど利息も大きくなってしまうため、金利はできる限り抑える必要があります。

お金がない時の金策方法まとめ

1万~10万円程度のお金をつくる方法

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 質入れ
  • 買取りショップ
  • オークションサイト&フリマアプリ
  • 自己アフェリエイト

10万~50万円程度のお金をつくる方法

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • 年金担保融資
  • 生命保険の契約者貸付制度

50万円以上のお金をつくる方法

  • 目的別ローン

今回の記事をまとめると上記のとおりです。

ご自身に合った金策が見つかったのであれば、ぜひ利用してお金の問題を解決してください。

-お金作る方法

© 2021 お金借りる!即日お金を借りたいならプロのおすすめで借りるべし