名古屋会場

開催概要

会期
2019年9月25日(水)13:00 〜 16:30(開場:12:30)
会場
ナディアパーク デザインホール 愛知県名古屋市中区栄3-18-1
リスクファイナンス相談会
ホワイエ
定員
350名(先着順)

プログラム

12:30

開場

13:00

主催者挨拶

  • 挨拶:中部経済産業局 局長 髙𣘺 淳 氏
  • 制度説明:中小企業庁 事業環境部 事業環境部長 奈須野 太 氏

13:25

基調講演

講演タイトル:中小企業にとっての<リアルなBCP>とは

昆 正和 氏

昆 正和 氏

  • BCP策定支援アドバイザー、防災士
略歴

東京都立大学卒業後、企業で経営企画・マーケティング業務等を経験。後にビジネス・IT系ニュース翻訳者として独立。米国同時多発テロでBCPが機能した事例に興味を持ち、以来その構築・運用方法について独自に研究を進めている。現在は主に中小企業向けBCP策定指導、研修、講演活動に従事。著書12冊、寄稿・連載多数。

14:15

休憩

14:30

パネルディスカッション~事例から考える事業継続力~

神谷昌彦 氏

神谷昌彦 氏

  • 高浜共立運輸株式会社
  • 代表取締役会長
略歴
  • 1951年に創業。貨物自動車運送事業や古物商、産業廃棄物・一般廃棄物収集運搬を行っている。
  • 2011年にBCP作成。2013年、安全性優良事業所認証取得。2015年、引越優良事業者認定取得。
  • 2019年には健康宣言チャレンジ事業所認定取得。
榊原 勝 氏

榊原 勝 氏

  • 榊原工業株式会社
  • 代表取締役
略歴

鋳物産業の集積地である愛知県三河で1966年より鋳造中子製造業を営む
現在:70社程の客先に中子を提供(中子:鋳物の空洞を作る砂型)
BCP策定:南海トラフ被害想定区域内(津波想定区域)であるため社員の命を守る・客先の信頼を得る活動が(P・D・C・A・M)仕組みで成り立つBCPとして社内・社外展開中

澤井秀一 氏

澤井秀一 氏

  • 三菱電機株式会社
  • 名古屋製作所 生産システム推進部 部長
略歴

1924年汎用電動機工場として設立。現在はFA製品の開発・製造のマザー工場として、国内3カ所、海外4カ所の製造拠点から、グローバル市場に向けFA製品とFA統合ソリューションe-F@ctoryの提供を行っている。東日本大震災や熊本地震の際のサプライチェーン影響、東南海地震のリスクを考慮し、社内外でのBCP対策を進めている。

府川 均 氏

府川 均 氏

  • MS&ADインターリスク総研株式会社
  • リスクマネジメント第四部長
略歴
  • 早稲田大学卒。1990年現三井住友海上入社、1999年より現職。
  • BCPの他、防災・減災、統合リスクマネジメント、内部統制、情報・サイバーセキュリティ、健康経営等広範なリスクコンサルティング業務に長年従事。
  • 企業・自治体向けコンサルティングおよびセミナー講演歴多数。

モデレーター

武田則秋(たけだ のりあき)

  • 日刊工業新聞社
  • 編集局次長編制センター長兼デジタルメディア局次長
略歴
92年
日刊工業新聞社に入社。
96年〜
医薬品、化学品、半導体、電機業界などの担当記者を歴任。
18年
本社編集局ニュースセンター、千葉支局長、本社編集局第二産業部長を経て、デジタルメディア局 局次長兼編集部長。

現在は、編集局次長編制センター長とデジタルメディア局次長を兼任。

リスクファイナンス相談会

リスクファイナンスとはBCPの一つで、リスクの顕在化に備える資金面での対応を指します。
例えば、災害が発生すると、自社の被災、取引先の被災によって売り上げの減少や設備の故障など企業の財務に影響を受けます。
具体的には、損害保険に加入することなどがリスクファイナンスにあたります。
避難計画や耐震などの防災対策と併せて、リスクファイナンスを備えること重要です。
相談会では、ご来場者様に合った提案や防災計画などのご相談に応じます。お気軽にご利用ください。

出展企業・団体※出展企業・団体は変更になる場合がございます。

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

  • AIG損害保険株式会社

  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社

  • 東京海上日動火災保険株式会社

  • 三井住友海上火災保険株式会社

  • 全日本火災共済協同組合連合会

アクセス